DESIGN デザイン

外観完成予想図

特別な想い、特別な場所、そして2人の建築家による真の邸宅創造。

邸宅創造の舞台自体が既に神戸の象徴であり、
かけがえのない地に相応しい空間造形に至るまで
数年を要しました。
手腕を振るっていただいた2人の建築家と共に、
幾度も設計・意匠を練り直し、
時代を超えていくレジデンスとして、
空間の多様性とシンボルとしての美を具現化しています。

外観完成予想図

ARCHITECTS 2人の建築家

時代を超えて語り継がれる、真の邸宅創造という使命。

大土呂巧建築設計事務所|建築家 大土呂 巧氏

プロフィールを見る

時代を超えて語り継がれる、真の邸宅創造という使命。

神戸を象徴し、街の顔となる景観美を生む意匠哲学。

光井純&アソシエーツ建築設計事務所|建築家 光井 純氏

プロフィールを見る

TOTAL PLAN トータルプラン

1LDK~4LDKの多彩なプランなど、趣向を凝らしたこだわりの設計。

トアロードの景観に新たな美を添える「トアスイートヴィラ」と、大きなボリュームゾーンとなる「セントラルスイートヴィラ」は、豊富なプランバリエーションをご用意。また、六甲山系を望む「ヒルズスイートヴィラ」には1LDKプランをご用意するなど、各ヴィラやフロアにより変化に富む空間設計を施しました。

3ヴィラ・4ゾーンの複合的な空間プランニングで、個の集合体としてのレジデンスを創造。

「トアスイートヴィラ」は、1基のエレベーターを各階につき2~3邸で利用するプライベート感覚の高い1ゾーン。「ヒルズスイートヴィラ」「セントラルスイートヴィラ」は、3基のエレベーターを設けて独立した3ゾーンに分けています。計4基のエレベーターで縦4ゾーンに分割し、さらに基準階は中廊下を採用(一部除く)。この複合的な空間構成により、堂々たるスケールでありながら、個の集合体としてのレジデンスを創造しました。

DESIGN ARCHITECT 建築デザイン

神戸らしさという個性。トアロードに相応しい品格。タイムレスの美を追究した、誇り高きモダンデザイン。

トアロードの新たな象徴となる風景を創造するため、2層構成のベイウインドウや、美の象徴となるシンメトリーをはじめ印象的な造型美を施しました。さらに、天然石や多様なタイルなどマテリアルにこだわり、繊細な造り込みで品格のある存在感を演出しています。

マテリアル

※掲載の各完成予想図は、設計図を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に変更が生じる場合があります。また、周辺の建物等は一部を省略しており、実際とは異なります。
※掲載の各完成予想図は、現地周辺の街並み写真(2017年6月撮影)をCG合成したもので、位置・スケール・向き等、実際とは多少異なります。あらかじめご了承ください。
※掲載の各概念図は、設計図を基に描き起こしたイメージであり実際とは多少異なります。あらかじめご了承ください。
※掲載の各タイルの色調はモニターの都合により実際とは多少異なります。

時代を超えて語り継がれる、真の邸宅創造という使命。

建築家 大土呂 巧氏

大土呂巧建築設計事務所 建築家 大土呂 巧氏

建築家 大土呂 巧氏1981年神戸大学工学部建築系環境計画学科卒。瀬戸本淳建築研究室入社。これまでに関わった集合住宅の企画・設計は300棟を超える。2005年大土呂巧建築設計事務所開設。テーマは「個の家の集合体としての集合住宅」。

  • ワコーレ新神戸
    マスターズレジデンス
    (外観完成予想図)
  • ワコーレ ザ・六甲プレミアム
    (分譲済)
  • ワコーレ芦屋ディアハウス
    (分譲済)

神戸を象徴し、街の顔となる景観美を生む意匠哲学。

建築家 光井 純氏

光井純&アソシエーツ建築設計事務所 建築家 光井 純氏

建築家 光井 純氏1978年東京大学工学部建築学科を卒業後、イェール大学建築学科大学院で修士号を取得。シーザー・ペリ&アソシエーツ(現ペリ クラーク ペリ アーキテクツ)米国建築事務所に勤務し1992年に帰国。自ら設立したペリ クラーク ペリ アーキテクツ ジャパンの代表取締役も兼任する。

  • あべのハルカス
  • NHK大阪放送会館・
    大阪歴史博物館
  • 東京国際空港(羽田)
    国際線旅客ターミナル